アンククロスシャンプーは合わない人も居る?何が合わないの?

アンククロスのシャンプーは、有名な美容院がつくったもので、多くの人が使っています。

 

しかし口コミを見ると、良い効果が現れた人も居れば、全く効果を感じられないという人もいます。

 

アンククロスのシャンプーが合わない方の中には、髪の状態が悪化した方もいます。

 

アンククロスのシャンプーは、どういった成分が配合されていて、どんな効果をもたらしてくれる物なのか調べてみました。

 

 

*アンククロスシャンプーは、どんなシャンプー?

アンククロスシャンプーは合わない人も居る?何が合わないの?

 

アンククロスシャンプーは、美容師の人たちで考えられた、アミノ酸・ノンシリコンのシャンプーです。

 

アミノ酸シャンプーと言えば、毎日何十回もお客さんのシャンプーをする美容師も手が荒れない程肌に優しいシャンプーです。

 

その為、地肌の乾燥などのトラブルに悩んでいる人でも、安心して毎日使う事ができます。

 

しかし、洗浄力の弱さでオイリーな地肌で悩んでいる人には、物足りなさを感じる事もあります。

 

オイリーな肌の人も、毎日良いシャンプーを使って地肌の調子を整える事で、健康な地肌になりますが、最初は我慢しなければなりません。

 

そこでまず、洗浄力に物足りなさを感じて「合わない」という人が出てきます。

 

ノンシリコンのシャンプーは、髪の表面をコーティングするシリコンが入っていないので、保湿成分が髪に届きやすくなります。

 

その為、カラーやパーマの繰り返しで髪が傷んでいる方は、ノンシリコンのシャンプーにして、髪の中から修復するのが良いそうです。

 

しかし、シャンプーだけだとコーティング成分のシリコンが無いせいで、ゴワゴワキシキシとした感覚になります。

 

そのせいでシャンプーだけで使用してる人は、ゴワつきやパサつきが気になり「合わない」と感じているようです。

 

毛先の傷みに悩んでいたり、広がってしまい潤いで髪をまとめたいと思っていたりする人に、アンククロスシャンプーはおすすめです。

 

 

*成分が良くないの?

アンククロスシャンプーは合わない人も居る?何が合わないの?

 

アンククロスシャンプーはどんな成分が入っているのでしょうか。

 

ノンシリコンのシャンプーに多く入っていて、あまり良い成分では無いものがあります。

 

それは「ラウリル硫酸」という物です。

 

このラウリル硫酸は、洗浄力が非常に強く頭皮に強い刺激を与えます。

 

しかし、アンククロスシャンプーにはラウリル硫酸は入っていません。

 

ノンシリコンで注意するべき成分は、特に見当たりませんでした。

 

天然由来の成分である、さまざまなオイルが配合されています。

 

アミノ酸のシャンプーなので地肌にも優しく、天然由来のオイルで髪にも優しいのが、アンククロスのシャンプーです。

 

合わないという方の口コミの多くは、シャンプーだけアンククロスにしていたり、香りが合わなかったりしていました。

 

 

アンククロスシャンプー自体には、髪を悪くしそうな成分が見当たらないです。

 

香りが好きな方はおすすめなので是非購入してみてください。